ホームへ戻る

【利用レポート】台湾からの医学生によるセンター見学

現在j-Megの学生さんが主催で、台湾からの医学生に当大学の医学部内を案内しています。

1月28日(火)に7名の医学生が当センターを見学し、1時間30分にわたりVRシミュレーターなどのいくつかのシミュレーションを体験しました。

台湾からの医学生はAMSM(アジア医学生連絡協議会)が提供する交換留学プログラムAMSEP(Asian Medical Students’ Exchange Program)を介して短期留学・見学を希望し、今回、AMSEPの日本会員である順天堂大学の医学生数名がコーディネーターとしてホスト役を引き受けられ、見学が実現しました。AMSEPの当センターの利用は今回が2回目となります。

留学生は明日31日まで順天堂大学・病院内の授業見学や診療見学等を行う予定とのことです。

 

 

 

シミュレーションセンターでは、ご見学も随時承っております。

スタッフがシミュレーターの案内をいたしますのでお気軽にお声がけください。