ホームへ戻る

【ワークショップ報告】Patient Safety Workshop in SimTiki (University of Hawaii, John A Burns School of Medicine)

  

2018年3月15日・16日
ハワイ大学医学部(John A Burns School of Medicine) SimTikiシミュレーションセンターにおいて開催された
『Patient Safety Faculty Development Workshop』において、
当大学の救急・災害医学/循環器内科/Medical technology & Simulation Center 山田京志先生が
Facultyとして参加され、講義ならびに指導をされました。

- Patient Safety Development Workshop -
【目的】シミュレーション教育技法を用いた医療安全向上プログラムの作成と指導法を習得する
【対象】医療安全教育に携わる医療従事者および施設管理者
part 1;
 医療安全のevidence/global standard/competency、
 ならびにシミュレーション教育手法を学び、自施設で実施するためのプログラムを作成する。
Part 2;
 Workshop参加者が各自施設や部署で実施したシミュレーション教育の内容、結果をプレゼンテーションし、
 Facultyならびに受講者からのフィードバックにより改善を図る。