ホームへ戻る

全国医学生BLS選手権全国大会出場決定!!

全国医学生BLS選手権全国大会出場決定!!

平成30年9月2日(日)日本救急医学会主催『第4回全国医学生BLS選手権 関東ブロック予選会』が開催され、初出場ながら順天堂大学医学部J-Meg(Juntendo-Medical Education Group;医学部3年 須賀望/八木貴志/高梨航輔/木之下夢衣/横島健人)が総合3位に入賞し、11月3日に開催される全国大会への出場を決めました。

本大会は心肺蘇生における胸骨圧迫(場所、強さ、速さ、圧迫解除,中断時間)、人工呼吸(換気量、速さ)およびAEDによる電気的除細動(操作手順、除細動までの時間)を、

①胸骨圧迫+人工呼吸(フェイスシールド);2分

②胸骨圧迫+人工呼吸(フェイスマスク);2分

③胸骨圧迫+人工呼吸(バッグバルブマスク)+AED;10分

の3部門にわけて、評価機能付きマネキンを用いてその精度を競うものです。

今回の関東ブロック予選会には11大学12チームが参加しました。

 

J-Megリーダー須賀望(医学部3年)コメント;

「大会を通して心肺蘇生の意義や大切さを知る事が出来て、とても良い経験となりました。

総合3位という成績は、シミュレーションセンターでの練習の成果です。全国大会に向けて更に練習を頑張ります。」