ホームへ戻る

「第2回医療体験セミナー」開催報告

4月28日(土)にシミュレーションセンター主催の医療体験セミナーが開催されました。

第2回目の今回は高校生を参加対象とし、前回のセミナーでも行った

「蘇生体験(救急科:除細動・気管挿管)」「SASUKE(婦人科:腹腔鏡下鉗子操作ゲーム)」

「VRシミュレータ体験(内視鏡・腹腔鏡・アンギオグラフィ)」

のほか、新たに「分娩体験(産科:分娩シミュレータ)」を加えた4種類の内容を体験しました。

  

セミナー中は4グループに分かれ各ブースを体験して回ります。

各ブースでは、順天堂医院各診療科の医師が直接指導にあたりました。

高校生にもわかりやすいよう、動画やハンズオンで熱心で丁寧に指導され、

手技ができると参加者には思わず笑顔がこぼれていました。

  

ブース間の誘導は、グループにチューターとして入ったボランティアの医学部生が行いました。

休憩時間には高校生参加者から「順天堂大学はどんな大学か?」などの質問を受けたり、

体験した内容を振り返ってグループごとに談笑したりする姿が見られました。

参加者からは「腹腔鏡に興味があったので、実際に体験できて嬉しかった」(高2年女子)

「(順天堂の)医師や学生の方に直接(手技を)教えてもらえて貴重な体験をした。またぜひ参加したい。」(高3年女子)

という感想をいただけて、大盛況に終わった第2回医療体験セミナーでした。

 

セミナーの様子が毎日新聞サイト内「@大学」コーナーで紹介されています。

≫毎日新聞「@大学」 :高校生対象の医療体験セミナー開催 分娩シミュレーターを使って命の誕生実感

 

次回は10月に開催予定です。

期日近くになりましたら、こちらのホームページにてご案内いたしますので、

引き続きチェックいただければと思います。